news projects exhibition links  
English
list

 

sugiura sugiura

 

杉浦 邦恵  Kunie Sugiura

愛知県名古屋市生。1967年School of The Art Institute of Chicagoを卒後後、69年ニューヨークにて初の個展を開催。フォトグラムの手法を用いた創作活動を展開している。同年「視覚と表現・現代写真」展(ジョージ・イーストマン・ハウス国際写真博物館)に参加して以来、ニューヨークを拠点に、国際的に活動を展開。ニューヨーク近代美術館をはじめ収蔵多数。第23回東川賞国内作家賞(2007)受賞。影のシリーズは「アーティストの書類」「科学者の書類」「ボクシングの書類」「親愛」がある。被写体の本質を表現した作品として評価が高い。現在、ニューヨーク在住。



1942 名古屋市生まれ
1967 School of The Art Institute of Chicago卒業、B.F.A.
2007 第23回東川賞国内作家賞 受賞


ニューヨーク在住





< 個展 >

1969年 ポートガロ・ギャラリー/ニューヨーク

1972年 ウォーレン・ベネディック・ギャラリー/ニューヨーク

1978年 銀座絵画館/東京

1979年 「孤」 ツァイト・フォト・サロン/東京

1986年 ツァイト・フォト・サロン/東京
1986年 アート・シティー/ニューヨーク

1987年 アート・シティー/ニューヨーク

1989年 ホワイト・ルーム、ホワイト・コラムズ/ニューヨーク
1989年 ツァイト・フォト・サロン/東京

1991年 ムラヌシ・レダーマン・プロダクションズ/ニューヨーク

1993年 ムラヌシ・レダーマン・プロダクションズ/ニューヨーク
1993年 ツァイト・フォト・サロン/東京
1993年 イル・テンポ/東京
1993年 鎌倉画廊/東京
1993年 神奈川サイエンス・パーク・ギャラリー/川崎
1993年 エズラ・アンド・セシル・ジルカ・ギャラリー
1993年 ウェスレイアン大学/ミドルタウン

1994年 ムラヌシ・レダーマン・プロダクションズ/ニューヨーク
1994年 アキラ・イケダ・ギャラリー/ニューヨーク

1995年 鎌倉画廊/東京
1995年 ツァイト・フォト・サロン/東京

1996年 ツァイト・フォト・サロン/東京

1997年 鎌倉画廊/東京
1997年 レスリー・トンコノウ・アートワークス+プロジェクト/ニューヨーク

1998年 愛知県美術館/名古屋
1998年 ジュディー・アン・ゴールドマン・ギャラリー/ボストン
1998年 ツァイト・フォト・サロン/東京

1999年 ガレリアチビカ・モデナ/モデナ
1999年 レスリー・トンコノウ・アートワークス+プロジェクト/ニューヨーク

2000年 「ボクシングの書類」 ギャラリーGAN/東京
2000年 ジュディー・アン・ゴールドマン・ギャラリー/ボストン
2000年 ラファエラ・コルテーゼ・ギャラリー/ミラノ
2000年 サンドラ・アンド・デイビット・バカラール・ギャラリー、
2000年 マサチューセッツ美術大学/ボストン
2000年 「Dark Matters / Light Affairs」 
2000年 フランセ・レーマン・ローブ・アートセンター、ヴァーサーカレッジ/ポキプシー

2001年 「薄膜」 ツァイト・フォト・サロン/東京
2001年 「Dark Matters/Light Affairs」リチャード・L・ネルソン・ギャラリー&
2001年  美術コレクション、カリフォルニア大学/デイヴィス
2001年  鎌倉画廊/東京

2002年 レスリー・トンコノウ・アートワークス+プロジェクト/ニューヨーク
2002年 「アーティストの書類」 ツァイト・フォト・サロン/東京

2003年 レスリー・トンコノウ・アートワークス+プロジェクト/ニューヨーク

2004年 ツァイト・フォト・サロン/東京

2005年 ジュディー・アン・ゴールドマン・ギャラリー/ボストン

2007年 『color works』鎌倉画廊/東京
2007年 レスリー・トンコノウ・アートワークス+プロジェクト/ニューヨーク

2008年 『儚さと影:1987-2006』ギャラリーM/名古屋

 

< 主なグループ展 >

1969年 「視覚と表現・現代写真」 ジョージ・イーストマン・ハウス/ロチェスター

1972年  ウォーレン・ベネディク画廊/ニューヨーク
1972年 「コレクション展」 アルドリッチ美術館/アルドリッチ
1972年 「今日の絵画と彫刻」 インディアナポリス美術館/
1972年 「ホイットニー・アニュアル1972年」 ホイットニー美術館/ニューヨーク

1978年 「パーソナル・ヴィジョン:場/空間」 ブロンクス美術館/ニューヨーク
1978年 ウイラード画廊/ニューヨーク

1979年 O.K.ハリス画廊/ニューヨーク

1980年 ライス画廊/フィラデルフィア

1981年 「フォトグラム2人展『K551』」(カズオ・カミタキと)
1981年 ツァイト・フォト・サロン/東京

1982年 「過去を見る=未来を見る」 アルドリッチ美術館/アルドリッチ
1982年 「日本の写真家38人展」 フォトアート1/フォトキナ、ケルン
1982年 「招待作家展」 トニー・シャフラジ画廊/ニューヨーク

1984年 「香港=東京=ニューヨーク」 ケンケリバ画廊/ニューヨーク

1985年 「招待作家展」 フリーダス/オードヴァー画廊/ニューヨーク
1985年 「パリ・ニューヨーク・東京」 つくば写真美術館'85/筑波研究学園都市

1986年  「父」 アジアン・アーツ・センター/ニューヨーク
1986年  「日本現代写真展」 スペイン巡回

1987年 「ラージ・アズ・ライフ」(ケリー・ジョーンズ監修) 
1987年   ヘンリー・ストリート・セッツルメント&ジャマイカ・アーツ・センター/NY
1987年 「ペイント=フォトグラフィー」 ベス・カトラー・ギャラリー/ニューヨーク

1988年 「コレクション83-8」 栃木県立近代美術館/宇都宮
1988年 「フォース・テン・チャイナタウン・ギャラリー展」 
1988年  アジアン・アメリカン・アートセンター/ニューヨーク

1989年 「セレクションズ44」 ドローイング・センター/ニューヨーク
1989年 「オリエンタリズムの絵画と写真」 ホワイトミュージアム
1989年  世界デザイン博覧会/名古屋
1989年  「アップ・デイト」 ホワイト・コルムス/ニューヨーク

1990年 「ヴェール」 アート・イン・ジェネラル/ニューヨーク
1990年 「自然を愛する芸術家達」 グリーンミュージアム(国際花と緑の博覧会)/大阪
1990年 「女性のまなざし ─日本とドイツの女性写真家達」 川崎市市民ミュージアム
1990年 「写真」 ザブリスキー・ギャラリー/ニューヨーク

1991年 「7月4日」 ムラヌシ・レーダーマン・プロダクションズ/ニューヨーク
1991年 「ハウス・オブ・ヴァリュー」 252ラファイエット/ニューヨーク
1991年 「日本の14人展」 日本橋三越/東京

1992年 「カルチャー・バイツ」 カミングス・アート・センター/ニューロンドン
1992年 「シェイプシフターズ」 エミー・リプトン・ギャラリー/ニューヨーク
1992年 「ラバー・ソウル」 レディス・フラム/ニューヨーク

1993年 「フォトス」 バロン/ボワサンテア・ギャラリー/ニューヨーク
1993年 「3人の写真家」 ザブリスキー画廊/ニューヨーク

1994年 「実験的映像」 デンヴァー美術館/デンヴァー
1994年 「KARADAがARTになる時[物質になった器官と身体]」 板橋区立美術館/東京
1994年 「ネガティブ・エネルギー」 リアル・アート・ウエイズ/ハートフォード
1994年 「カメラ・オブスクラ/オブスクラ・カメラ」 
1994年  ザ・スクール・オブ・アート・インスティチュート/シカゴ

1995年 「イン・アンド・アウト・キャラクター」 ロジャー・スミス画廊/ニューヨーク
1995年 「『うつすこと』と『みること』─意識拡大装置─」 埼玉県立近代美術館/浦和
1995年 「花ざかり」 クリスティーヌ・ローズ画廊/ニューヨーク
1995年 「another reality 現代写真の動向」 川崎市市民ミュージアム/川崎

1995年 「傷つきやすい」 ダーン画廊/ニューヨーク
1995年 「変容」 トランス・ハドソン画廊/ジャージィ・シティ

1996年 「日本の写真:内なるかたち、外なるかたち 第三部 現代の景色」東京都写真美術館
1996年 「光の本質」 ジョイス・ゴールデン画廊/ニューヨーク
1996年 「プッシング・イメージ・パラダイム」 ポートランド現代美術研究所
1996年 「非類似、非関連の彫刻」 バロン/ボワサンテア/ニューヨーク
1996年 「ザ・ボックス」 フォトゥヒ・クレーマー画廊/ニューヨーク

1997年 「20/20 CAF Looks Forward and Back」 サンタバーバラ・コンテンポラリーアート
1997年  フォーラム/カリフォルニア
1997年 「光の化石」 埼玉県立近代美術館/浦和
1997年 「New Photography 13」 ニューヨーク近代美術館/ニューヨーク

1998年 「熱い場:新しいアメリカ写真」 ナソイシャー・クンストヴェレン/ヴィースバーデン
1998年 「パラフォトグラフィー」 メイヤー美術館/ヴァージニア
1998年 「つかまえどころのない跡」 ロードアイランド大学美術館/ロードアイランド
1998年 「Blooming」 カレン・マクレディー・ファイン・アート/ニューヨーク
1998年 「Formication」 ローレンス・ミラー・ギャラリー/ニューヨーク
1998年 「Flower Paper」 カンザスシティー現代写真協会/カンザスシティー

1999年 ヘアテン国際写真フェスティバル/ヘアテン、ドイツ
1999年 「日本の現代写真」 NBK[ベルリン現代美術センター]/ベルリン他ドイツ巡回
1999年 「Pencils of Nature: A Dialogue」レスリー・トンコノウ・アートワークス+プロジェク
1999年  ト/ニューヨーク
1999年 「Wildflowers」 カトナ美術館/ニューヨーク
1999年 「Skin Deep: A Survey of Interior Imaging from X-ray to MRI」ジュリー・サウルギャラ
1999年  リー/ニューヨーク

2000年 「Aimal Magnetism」 バックネル・アートギャラリー、バックネル大学
2000年  ニーナ・フロイデンハイム・ギャラリー/ニューヨーク
2000年 「Animal Magnetism」 バックネル・アートギャラリー、バックネル大学

2001年 「Welt」 ルイーズ・ロス・ギャラリー/ニューヨーク
2001年 「This is Not a Photograph」カルフォルニア大学アートギャラリー/サンディエゴ、他
2001年  巡回

2002年 「Works on Paper」 ウェザースポーン美術館/グリーンズボロ・アメリカ
2002年 「PhotoGenesis::Opus 2」 サンタバーバラ美術館/サンタバーバラ
2002年 「Retrrospectacle」 デンヴァー美術館/デンヴァー
2002年 「True Blue」 ジェーン・ジャクソン・ファインアート/アトランタ
2002年 「Shadow Play」 ロジャー・スミス・ギャラリー/ニューヨーク

2003年 「How Human: Life in the Post Genome Era」 国際写真センター/ニューヨーク
2003年 「Genomic Issue(s) : Art and Science」 ニューヨーク市立大学大学院センター

2004年 「Out of Ordinary/Extraordinary」ジャパン・カルチュラル・インスティテュート/
2004年  ケルン
2004年  カーサ・エイジア・ヘッドクォーター(バルセロナ)
2004年 「mask of Japan」アウラ・ギャラリー(上海)
2004年 「Subway Series : The New York Mets and Our National Pastime」クイーン美術館/
2004年  ニューヨーク

2005年 「Paris, Groups, and Grids」レスリー・トンコノウ・アートワークス+プロジェクト/
2005年  ニューヨーク
2005年 「Out of Ordinary/Extraordinary」カージャ・カナリア・ドゥ・ラ・ラグーニャ/テネリ
2005年  フェ、他ヨーロッパ巡回
2005年 「85/05 幻のつくば写真美術館からの20年」 せんだいメディアテーク/宮城
2005年 「Focus On:New Photography」 ノートン美術館/フロリダ
2005年 「The Shadow」 ソロ・デンマーク

2006年 「Ma+h Coun+s」 コネチカット大学現代美術ギャラリー/ストールズ
2006年 「EPHEMERAL- flash for eternity」 青森現代美術センター/青森
2006年 「光と影 −はじめに、ひかりが、あった」 東京都写真美術館/東京

2007年 「Contemporary Outlook: Japan」ファイン・アート・ミュージアム/ボストン
2007年 「Out of the Ordinary/Extraordinary: Japanese Contemporary Photography」ミシガン
2007年  大学美術館/アンアーバー
2007年 「Making a Home: Japanese Contemporary Artists in New York」ジャパンソサエティ
2007年  ギャラリー/ニューヨーク
2007年 「《写真》見えるもの/見えないもの」東京芸術大学大学美術館/東京
2007年 「Japan Caught By Camera」 上海美術館/上海

2008年 「Propagating Eden: Uses and Techniques of Nature Printing in Botany and Art」国際
2008年  写真センター/ニューヨーク

2009年 「Pictures: Tracey Baran, Nikki S. Lee, Laurel Nakadate, & Kunie´ Sugiura」レスリー
2009年  ・トンコノウ・アートワークス+プ ロジェクト/ニューヨーク
2009年 「Infinite Patience: James Drake, Kunie´ Sugiura, Stanley Whitney」ホーンチ・オブ
2009年  ・ヴェニソン/ニューヨーク

2014年 " IMPRINTS " LESLIE TONKONOW ARTWORKS + PROJECTS/ニューヨーク


< 出版 >

『ニューヨーク・アート、ニューヨーク・アーティスト』2013、美術出版社


< コレクション >

オースチン美術館/オースチン
ベイリー美術館(ヴァージニア大学)/シャロットヴィル
デンバー美術館/デンバー
フランシス・リーマン・ローブ・アートセンター(ヴァサー大学)/プキプシー
ボストン美術館/ボストン
ニューヨーク近代美術館/ニューヨーク
ローズ美術館(ブランデイズ大学)/ウオルサム
ヴァージニア美術館/リッチモンド
アルドリッチ美術館/アルドリッチ
ジョージ・イーストマン・ハウス/ロチェスター
リアソン・インスティチュート・オブ・トロント/トロント
ベスト・プロダクツ/リッチモンド
栃木県立美術館/宇都宮
デンヴァー美術館/デンヴァー
東京国立近代美術館/東京
東京都写真美術館/東京
埼玉県立近代美術館/浦和
ヒューストン美術館/ヒューストン
上海美術館/上海