1990年、大阪で開催された<国際花と緑の博覧会>のパビリオン「グリーン ミュージアム」のために、ツァイト・フォトによって企画された展覧会『自然を愛する芸術家たち』のカタログ。

バルビゾン派を出発点として、ロマンチックな風景画を経て素朴派に至る系譜など、自然を愛でる画家たちによる絵画と、19世紀のダゲレオタイプから当時のコンテンポラリーフォトグラフィーまで、「自然」をテーマにした約200点の絵画と写真の作品を収録。写真作家 杉浦邦恵と石原悦郎の対談「現代写真と自然について」も収録されている。

 

1991~2年、北海道立旭川美術館、北九州市立美術館巡回

 

『自然を愛する芸術家たち』カタログ

¥2,300価格
  • 総監修:阿部良雄

    制作・編集:ツァイト・フォト

    発行:産経新聞社/富士カントリー株式会社

     

    頁:188p

    サイズ:27cm x 22cm

    ソフトカバー

     

     

  • Facebook Social Icon