news projects exhibition links  
English
list

安齊 重男  Shigeo ANZAI

1939 神奈川県厚木市生まれ
1957 神奈川県立平塚高校応用化学科 卒業
1969 写真による美術展や美術作品の記録に着手
1999 第6回日本現代芸術復興賞受賞





< 主な個展 >

1968 「安齊重男個展」夢土画廊、東京

1970 「安齊重男個展」田村画廊、東京

1974 「PRIVATE ALBUM」 ガレリア・グラフィカ、東京

1976 「INFORMATION」藍画廊、東京
1976 「INFORMATION」ギャラリー16 + ONE、京都

1977 「A SCENE」楡の木画廊、東京

1979 「PHOTO INSTALLATION ON JAPANESE ART」 Contemporary Art Center、
1979  ニューヨーク

1980 「アメリカン・アート トゥデイ:現代のアメリカン・アート私観写真展 パフォー
1980  マンス・アート」 アメリカン・センター、東京 1
1980 「安齊重男・目撃者」 ツァイト・フォト・サロン、東京
 
1981 「AMADA MACHINE TOOL PLAZA MONEUMENT/ARNALDO ROMODORO」アマダ
1981  ・アート・ギャラリー、神奈川

1982 「RECENT WORKS」ツァイト・フォト・サロン、東京

1983 「Recording on Contemporary Arts 1970-1982 SHIGEO ANZAI 200
1983  photographs」ART SPACE貘、福岡
1983 「Recording on Contemporary Arts 1970-1982 安齊重男写真展―日本現代美術
1983  の記録展」ギャラリーユリイカ、北海道

1984 「現代美術の記録 1970-1984 安斎重男展 e1000枚の写真」 フジテレビ・ギャラ
1984  リー、東京

1985 「安齊重男展―現代美術の現場から」カサハラ画廊、大阪
1985 「安齊重男展」エリア・ドゥ・ギャラリー、福岡

1986 「安齊重男写真展―ヴェネチアのイサム・ノグチ」ツァイト・フォト・サロン、東京

1989 「-My Favorite Artists-」アトリエ我廊、新潟
1989 「安齊重男によるロダン[地獄の門]写真展」ギャラリー・ところ、東京

1992 「ANZAI Homage to ISAMU NOGUCHI −Photographs Collages Portfolio」ギャラ
1992  リー・ところ、東京
1992 「1970 PHOTO COLLAGES ANZAI」双ギャラリー、東京

1993 「ANZAI Photo Collage − Ealy ’70」ギャラリーたかぎ、愛知

1995 「Shigeo Anzai: Nicaf/ Yokohama」 リチャード・グレイ・ギャラリー、シカゴ
1995 「SOH10周年―連鎖― Six Artists Part1 安齊重男展 Freeze」双ギャラリー、東京
1995 「ANZAI- My Favorites Shots 安齊重男が出会ったアーティストたち」ギンザ・
1995  コマツ4Fアミュゼ、東京
1995 「ARTISTS PORTRAITS 1970-1994」リチャード・グレイ・ギャラリー、シカゴ

1996 「Freeze ll No.7~17」双ギャラリー、東京
1996 「ベネッセハウスのアーティストたち」 ベネッセハウス直島コンテンポラリー
1996  アートミュージアム、直島
1996 「Freeze ll No.18~28」双ギャラリー、東京

1997 「Freeze lV No.29~40」双ギャラリー、東京
1997 「ミュンスター彫刻プロジェクト1987」スタジオ食堂、東京
1997 「現代美術の目撃者 安齊重男写真展」ベイスギャラリー、大分
1997 「Freeze V No.41~52」双ギャラリー、東京
1997 「アーティストのポートレート」ギャラリーほそかわ、大阪
1997 「街のためのアート ミュンスター彫刻プロジェクト1987」関西ドイツ文化セン
1997  ター、大阪

1998 「ベルギーの空・マルグリットの世界」駐日ベルギー大使公邸、東京

1999 「安齊瞑想録―オーストラリアの美術家とパトロンの記念肖像写真」シャーマン・
1999  ギャラリーズ・ハーグレイヴ、シドニー

2000 「Freeze- in Kanzai」ギャラリーほそかわ、大阪
2000 「安齊重男写真展」関西ドイツ文化センター
2000 「マグリットの青い空」平成12年度第2回常設展 特別展示/写真展、宇都宮美術館
2000 「安齊重男の眼 1970-1999―写真がとらえた現代美術の30年」 国立国際美術館
2000  大阪

2002 「Swiadek: ANZAI」 ブンケル・シュトゥーキ現代美術ギャラリー、クラコー・
2002  ポーランド 

2003 「meets the window」DESPERADO、東京
2003 「NEW YORK 1979」ギャラリー現、東京

2004 「 <地獄の門> フォトコラージュ」静岡県立美術館 ロダン館

2005 「ゴードン:マッタ=クラークに捧ぐ」ギャラリーほそかわ、大阪

2006 「ナム・ジュン・パイク賛」ギャラリー現、東京
2006 「もうひとつの現場―安齊重男のアートドキュメント」金沢工業大学ライブラリー
2006  センター、石川

2007 「安斎重男の“私・写・録”1970-2006」 国立新美術館、東京 

2009 「Unforgettable Moments」ツァイト・フォト・サロン、東京
2009 「The moments of Artists」上海美術館、中国
2009 「by ANZAI」多摩美術大学、多摩美術大学図書館(八王子キャンパス)アーケード
2009  ギャラリー、東京

2010 「Freeze Frame」北京中央美術学院美術館、中国

2011 「安齊重男」ギャラリー現、東京

2014 「MONO-HA BY ANZAI」ツァイト・フォト・サロン、東京




< 主なグループ展 >

1967年 「20代のMOB(モブ)展」村松画廊、東京

1968年 「国画会展 第42回」東京都美術館、東京
1968年 「現代日本美術展 第8回」東京都美術館、東京
1968年 「Nippon かまいたち展」横浜市民ギャラリー、神奈川
1968年 「現代美術選抜展 第2回」島根県立博物館、島根(他4館巡回)

1969年 「8人展」ときわ画廊、東京
1969年 「国際青年美術家展 第5回―アジア・日本展」池袋西部百貨店ssホール、東京
1969年 「国画会展 第43回」東京都美術館、東京

1969年 「現代日本美術展 第9回」東京都美術館、東京

1970年 「現代美術野外フェスティバル」こどもの国、神奈川

1977年 「次元と状況 第5回展」紀伊國屋画廊、東京

1978年 「次元と状況 第6回展」紀伊國屋画廊、東京
1978年 「アッサンブラージュ・フォトグラフィ」東京デザイナーズ・スペース

1980年 「デュシャン「大ガラス」東京ヴァージョン完成記念展」 東京大学教養学部美術博物館

1982年 「次元と状況 第10回展」紀伊國屋画廊、東京

1984年 「現代美術の動向V 1970年以降の美術―その国際性と独自性」東京都美術館、東京
1984年 「PROOF: Ten Photographers on Performance」ニュー・ラングトン・アーツ、サンフ
1984年  ランシスコ

1985年 「PROOF: Ten Photographers on Performance」ハートフォード大学、コネチカット
1985年 「パリ・ニューヨーク・東京」つくば写真美術館’85、茨城
1985年 「日本のアーティストが創った“本”の展覧会」フランクリン・ファーネス、ニューヨー
1985年  ク/フジテレビギャラリー・オルタナティブスペース、東京

1986年 「Contemporanea Japonesa Fotografia」スペイン国内巡回展(マドリード、バルセロナ
1986年  、バレンシア、ビルバオ)

1987年 「絶対現場 1987」 総和都市開発FRU: X外苑建築現場、東京

1988年 「内外の有名写真家による20世紀の顔」有楽町朝日ギャラリー、東京
1988年 「East meets West in Los Angels; Japanese and Italian Art Today」 ART/ LA‘88
1988年  ロサンゼルス・コンペンション・センター

1989年 「5人の眼 かねこ・あーとGIドキュメント1982-1989」かねこ・あーとGI、東京
1989年 「安齊重男・宮本隆司写真展 岡崎乾二郎をめぐって -時のかたち 世田谷美術館におかえる
1989年  公開制作・10日間の記録」世田谷美術館、東京

1992年 「リアリズム変貌」ツァイト・フォト・サロン[NICAF・横浜] 神奈川
1992年 「都市と現代美術 廃墟としてのわが家」世田谷美術館、東京
1992年 「Les Cahiers de Beychevelle No.2」シャトー・ベイシュヴェル国際現代美術センター、
1992年  フランス

1994年 「収蔵作品展 現代美術への軌跡 1960-70年代の美術」東京都美術館、東京
1994年 「写真と彫刻の対話―安齊重男と眞板雅文」 神奈川県立近代美術館

1995年 「ARTIST’S PORTRAITS 1970-1994」リチャード・グレイ・ギャラリー、シカゴ

1997年 「Coal mine tagawa 1997: 安齊重男+レオ・ファン=ダー=クレイ 炭坑とアート・記録」
1997年  田川市美術館、福岡

1998年 「卓上の現代美術」ギャラリーほそかわ、大阪
1998年 「ツァイト・フォト21周年記念展 ―幻のNICAF1998年展に代えて」アートスペースシモ
1998年  ダ、東京
1998年 「疾駆けたギャラリーの記録(軌跡)展」ギャラリー川船、東京
1998年 「左眼子と慈眼子展」カスヤの森現代美術館、神奈川

1999年 「いま、そこにいる良寛 ―文明の曲がり角で良寛の意味を問う」表参道・新潟館ネスパス
1999年  東京

2000年 「Small Works」双ギャラリー、東京
2000年 「柏原孝昭コレクション PartU:エディションWORKS」ギャラリーCOCO、京都
2000年 「セレクション2000」双ギャラリー、東京

2001年 「VIVA!ITALIA ―イタリアに魅せられた写真家たち」東京都美術館、東京

2003年 「ALL Friends: The photographers who met in 26 years in ZEIT-FOTO SALON」ツァイ
2003年  ト・フォト・サロン、東京
2003年 「NiCAF国際コンテンポラリーアートフェスティバル2003」東京国際フォーラム、東京
2003年 「あるサラリーマン・コレクションの軌跡 ―戦後日本美術の場所」三鷹市美術ギャラリー
2003年  東京

2004年 「生誕百年メモリアル齊藤義重展」NOVITA、青森

2006年 「さよならナム・ジュン・パイク展」ワタリウム美術館、東京
2006年 「空間に生きる ー日本のパブリックアート」札幌芸術の森美術館、北海道
2006年 「街かど美術館2006 アート@つちざわ-土澤-」花巻市、岩手
2006年 「岡部昌生 かつて川口を舞台とした「キューポラのある街」という映画がった」トキ・
2006年  アートスペース、東京

2007年 「JAPAN Caught by Camera −Works from the Photographic Art in Japan」上海美術館
2007年 「おおたにの100点 ―札幌大谷学園開校100周年記念美術館」札幌市民ギャラリー、北海道
2007年 「宇宙御絵図」豊田市美術館、愛知

2008年 「黄金町バザール ーアートプロジェクトー」横浜、神奈川

2011年 「母船を離れて - The Fruits of Adventures -」ツァイト・フォト・サロン、東京
2011年 「サム・フランシス:カタログレゾネ刊行記念展」南天子画廊、東京